出会い系サイト

よく出会い系サイトで交際を始める方がいますよね・・・
決して全面的に否定する訳ではありませんが・・・
いったいどういった方が、出会い系サイトを利用するのでしょうか?
きっと、色々な事情があって出会いがない方もいる事でしょう。
ちょっと冒頭から真面目なお話になりますが…私の知人の方の例を紹介します。
よく、出会い系サイトの結論として言われるのが、正直利用しない方がいいのではないでしょうか?という結論が導かれる事があります。
確かに、私の知人の例からも、個人的には健康で健全な心身をもっている方は利用しない方がいいと感じます。
ですが、きっと人間には色々と事情という物がありますよね・・・
今まで一度もお付き合いをしたことがなかった人もいるでしょうし。
分かりにくいのですが、心の病で恋愛をする事が出来なかった等々。
また、自分でもどうして縁がなかったのか?理解出来ないのだけど・・・未だ独身という方もいますよね。
人には、人に言えなかったり、わからない様な事情というのものがあるものです。それでも、適齢期と呼ばれる年齢になると、やはり頭をちらつくのが「結婚」の二文字ではないでしょうか?確かに、今の時代結婚だけが人生ではない!とする考え方も多いに賛成ですが・・・人生一度位は結婚をしてみたいと考えるのが、男女問わず考える事といえるでしょ。そこで、出会い系サイトが浮上する訳です。
話は戻りますが、私の知人の方の出会い系サイトの利用方法を紹介しますね。
結論から言いますと、この方は出会い系サイトを利用して結婚しました。
ですが、この方の例からも出会い系サイトに利用について考えさせられる事になったのです。いったい、この方はどういった出会い系サイトの利用をしたのでしょうか?一概に、出会い系サイトの利用を否定する訳ではありませんが・・・
出会い系サイトの利用の結末を見た思いです。
いったい、どういった事になったのか?
この結論を知った時、出会い系サイトの利用においては、こうした結末ってよくある事かも知れないと感じました。本当に、もう少し落ち着いて結婚を考えたらよかったのに・・・と他人事なが感じたものですが、きっとよくありがちなケースでしょう。
同じ様な事で、悲しい目に合わない為にも、ちょっと私の知人のケースを紹介しますよ。
知人の女性は、当時30代半ばでした・・・この年齢を考えたとき、ちょっと出会い系サイトの利用が頭をよぎる年代である事と思いますよね…
この女性は、心身ともに健康とは言えなかった様です。
人目には理解しにくいので、出会い系サイトで出会った男性も・・・
まさか、結婚に至ってから、こんなことになるとは思ってもいなかった事でしょう・・・ですが、伴侶についてよくこういった言い方をしませんか?
”似たもの同士”との言葉がある事でしょう・・・まさに、出会い系サイトを利用していた方同士です。結論としては、同じ様な人間性であり、器の方同士だったのではないでしょうか?
話を聞いた第三者としては、この様に感じましたね。サイトを通して知り合った方同士でしたので、お互いにお互いを知らなすぎる事が原因であったと思います。この様に出会い系サイトを利用して知り合うと言う事は、それだけお互いを知る時間が必要であるという事が言えるのでしょうね。そこに時間をかける事なく、結論の結婚という終着点だけを見てしまったのではないでしょうか?きっと出会い系サイトを利用しているとこういった現実って、よくありがちな事かも知れませんが・・・出会い系サイトを利用している方が陥りがちな点になる事でしょうね。
本当に出会いとは、実に不思議な物であると思います。また、どうやって出会うのがいいのか?そりゃ、自然と人を好きになって相思相愛の下、結婚という結論になると最善でしょうが・・・そういった自然なお付き合いに到る事がなかった方が、やはりこうした出会い系サイトに行きつく事になるのでしょうね。
そこで、こういったサイトを利用して本気でお相手探しをする方は、どういった点に注目すると良いのでしょうか?
先ほども挙げましたが、健康な心身をお持ちの方は、きっと出会い系サイトを利用する事はないでしょう。そして、出会い系サイトを利用している方を想像する事が出来る方もいるでしょうね。女性が出会い系サイトを利用する時、サイト内にいる男性について想像する事が出来ていますか?
真剣に、伴侶を求めてサイトを利用している方も確かにいるでしょうが、多くの男性利用者は、エッチ目的の男性が大半であると言えるでしょうね。
こうした現状からも、出会い系サイトを利用する時、最後に傷つくのも女性であると言えるでしょう。
自分の身は自分で守る事が女性にとっては重要な事です。まさか、妊娠させられてしまったら・・・まさに、女性利用者にとっては、利用する時からこういった問題になる事も、想像する事ですね。
それだけ、女性にとっては本当に怖い場所と思ってもいいのではずです。
そこで、話は戻りますが・・・私の知人の現在出会い系サイトを利用した
責任を生涯背負って生きていく事になりました。
その責任とは、彼女はサイトを利用して結婚しましたよね。
お相手の男性をまさに、直感でこの男性だと思ったと言います。
ですが、お相手の男性の事等何一つ知る事なく、嫁いでしまったのでした。
まして、彼女は心の病を経験した事がある女性でした。
傍目から見ると、全く理解出来ない症状をもっている女性だと言います。
可愛くて、きっとモテそうな女性でした。ですが、恋愛経験がなかったのだそうです。こういった女性って、きっと今の時代多いと知人の話を聞いて感じましたが・・・だからこそ、出会い系サイトの様な存在が表れるのでしょうね。
このカップルの場合は出会い系サイトを利用した結果として、お互いに不幸になってしまったケースであったとの事。
子供さんを、まして双子を一組と男児1人の三人もの子供が出来てから、離婚する事になったのだそうです。
そして、女性は3人の子供を連れて故郷に帰郷する事になって、今はシングルマザーとして日夜子供達の為に生きているとの事。
そして、元ご主人との関係等、子供がいる事で背負う事になった今後の関係性等、直感で結婚した事の責任を取るかの様に、今生きていると言います。
まさに、私も彼女を知る身として実に、日々生きているという言葉がまさしく適切に感じます。
きっと、彼女は本当に直感であったのか知れませんが、元ご主人の事をこの方だと思ったから結婚したのだと感じます。今更言っても仕方ありませんが、急がば回れとはよくいったものだと思いますが、少し相手を知る時間を持つ必要があったのではないでしょうか?ですが、彼女の人生にとっては今背負いっている子供さん3人の存在こそが、きっと宝ではないでしょうか?
出会い系サイトを利用事による、こういった結末を紹介しました。
この様な結末になると、本当に最悪と思う方もいるでしょう?
どう思うか?は、まさに人ぞれぞれでしょう。ですが、この知人の方とまさに出会い系サイトを利用した時から、離婚した今に至る迄の道筋について話した事がありましたが、本当に女性は強いと感じました。
その女性は、きっと出会い系サイトの利用を否定すると思っていました。
こんなもの使うんじゃなかった!と話をしてくると思っていました。
そう思っていた私の方が失礼でした。本当にこの女性の人間性に惹かれました。
全く、30年間恋愛の経験もなかった、まして本気で人を好きになる事が出来なった。そんな、私を出会い系サイトという所で、一度は花を開かせて貰う事が出来たと言うのです。なんて、前向きな話でしょう・・・
更に、サイトを利用して結婚した事に、何の恥じらいや抵抗もなかったというのです。自分の過去の病の事等もあったのでしょう。
自分の様な履歴のある者を一度は好きになって、結婚してくれた。
結末としては、酷く傷を負って離婚する事になった彼女。
同じ人間として、ここまで悪口罵詈馬頭する様な伴侶とも思える男性であったとも思える様な、お相手だと私は感じました。
ですが、彼女はそんな元ご主人に対してさえも感謝という言葉で表現していました。そんな彼女と話しをしていて、出会い系サイトを利用する方の中にも、こんなに素敵な女性がいるのだと、同じ女性でありながら感じる事が出来ました。また、彼女の口からは自分の器相応の伴侶だったとの事。
今も彼女は心的外傷で苦しんでいます。自分ではどうする事のない発作症状で苦しんでいます。ですが、彼女は自分でサイトを利用した結果の今だと思って、相手を知る事なく、結婚した結末だと自分の責任として捉えているのです。
世の中には、沢山の出会いの場がありますよね。
こういった場所を全否定する事はないのですが、利用する際は、彼女の様に自分の人生に責任を持つ事が必要になると感じました。
想像するに、サイトを利用して失敗する事になると、代償を追う事になるでしょう。そうした時、その結果に責任を持つ強さが必要になる事でしょうね。
本当に、彼女を見ていて今後の彼女に人生に幸多き事を念願しました。
また、自分の生き様を人のせいにする事なく、全て意味ある事と捉えている彼女の姿勢って、とってもかっこよく感じました。
きっと、こういった姿勢って、男性よりも女性の方が凛としている様に感じました。まさに、母は強しであると感じましたね。
最後に、印象に残った彼女の言葉があります。
私の人生において、必要な月日でした。更には、こんな思いをしたからこそ、人に優しくなる事が出来た。全て自分事として、前に進む為のエネルギーとしていると、彼女と話していると感じました。本当に素敵な方です。こういった素敵な言葉を残せる方も、出会い系サイトを利用しているのですね。
ですから、一概に全否定する事はありませんが、貴女にとって最善の出会いがありますように。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ